スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --

赤線(上昇基調、下降基調)と青線の引き方の
サンプルはこちら (一部省略しています)
お申込みはこちら
1月15日をもちまして締め切りとさせていただきます。
興味がおありの方はお早めに。
次回の予定はありません。




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロドル5分足の直近高値 直近安値

ユーロドル
12 /29 2016

赤線(上昇基調、下降基調)と青線の引き方の
サンプルはこちら (一部省略しています)
お申込みはこちら
1月15日をもちまして締め切りとさせていただきます。
興味がおありの方はお早めに。
次回の予定はありません。




2016-12-29 (5)

ユーロドル5分足の押し目、戻り高値ですが
昨日の絶妙な変な感じという表現、、、。
下降トレンド転換で売っても利は出たと思いますが
売っていません。宣言通り戻りを待つつもりでした。
ですが戻りが強烈。変な感じというのは
言葉では表現できないが
この状況を一言で表すと
「まだもうしばらくもみ合いの調整」
ということでしょうか。
昨日と同じく他のペアいじってたほうがいいですね。
70-80で何度もたたかれていますので
そこを抜けてから考えます。
とりあえず抜けたら買います。

頑張って更新していきます。
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
FX


チャートの見方を詳しく知りたい方は
ツイッターにでもDMください。



このブログの画像で使用している用語については
こちら
上下レジサポ記載していますが、
上昇トレンド中の
直近高値レジスタンスでのショートや
下降トレンド中の
直近安値サポートの値でのロングは
当たり前ですが 逆張りです。
基本はトレンドフォローです。
詳しくはこちら
また実際のトレードにMT4を使用しているわけでは
ございませんので あしからず。
および世間一般的な高値、安値とは値が違い、ダウ理論の
考え方、トレンド転換の定義も世間一般的なものとは違い
個人的な求め方で算出しておりますのでご理解、ご了承のほど
よろしくお願いいたします。


ユーロドル5分足の直近高値 直近安値

ユーロドル
12 /28 2016

赤線(上昇基調、下降基調)と青線の引き方の
サンプルはこちら (一部省略しています)
お申込みはこちら
1月15日をもちまして締め切りとさせていただきます。
興味がおありの方はお早めに。
次回の予定はありません。




2016-12-28 (3)

ユーロドル5分足の押し目、戻り高値ですが
1,0428を明確に抜けると下降基調。
そのまま1,411をも抜けてしまうと万事休すだが
不信感といいうかどうも何とも言えない絶妙な
変な感じ。参加者が少ない特有のうごきなので
何とも言えないが、1,0411を抜けるまでは
押し目買いで狙うつもりだが
今現時点でこのペアを最重要視しているよりも
他のペアをいじっていたほうが資金効率が
いいことは間違いない。監視はするが
あまり積極的に手を出しても時間の無駄。
1,0411を割って戻ったあたりで考えよう。

頑張って更新していきます。
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
FX


チャートの見方を詳しく知りたい方は
ツイッターにでもDMください。



このブログの画像で使用している用語については
こちら
上下レジサポ記載していますが、
上昇トレンド中の
直近高値レジスタンスでのショートや
下降トレンド中の
直近安値サポートの値でのロングは
当たり前ですが 逆張りです。
基本はトレンドフォローです。
詳しくはこちら
また実際のトレードにMT4を使用しているわけでは
ございませんので あしからず。
および世間一般的な高値、安値とは値が違い、ダウ理論の
考え方、トレンド転換の定義も世間一般的なものとは違い
個人的な求め方で算出しておりますので
ご理解いただきますよう お願いいたします。

ユーロドル5分足の直近高値 直近安値

ユーロドル
12 /27 2016

赤線(上昇基調、下降基調)と青線の引き方の
サンプルはこちら (一部省略しています)
お申込みはこちら
1月15日をもちまして締め切りとさせていただきます。
興味がおありの方はお早めに。
次回の予定はありません。




2016-12-27 (3)

見ての通りのレンジでの推移。

ここからの引っ張っても10pipsぐらいしか取れない。

個人的には上に振るための準備期間のように

見えないこともない。

上から降ってくるチャネル半値での反応を

見極めたい所。

頑張って更新していきます。
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
FX


チャートの見方を詳しく知りたい方は
ツイッターにでもDMください。



このブログの画像で使用している用語については
こちら
上下レジサポ記載していますが、
上昇トレンド中の
直近高値レジスタンスでのショートや
下降トレンド中の
直近安値サポートの値でのロングは
当たり前ですが 逆張りです。
基本はトレンドフォローです。
詳しくはこちら
また実際のトレードにMT4を使用しているわけでは
ございませんので あしからず。
および世間一般的な高値、安値とは値が違い、ダウ理論の
考え方、トレンド転換の定義も世間一般的なものとは違い
個人的な求め方で算出しておりますので
ご理解いただきますよう お願いいたします。

ユーロドル1時間足の直近高値 直近安値

ユーロドル
12 /25 2016

赤線(上昇基調、下降基調)と青線の引き方の
サンプルはこちら (一部省略しています)
お申込みはこちら
1月15日をもちまして締め切りとさせていただきます。
興味がおありの方はお早めに。
次回の予定はありません。




2016-12-25 (2)


ユーロドル1時間足の押し目、戻り高値ですが
さて先日のこの記事
1時間足はいまだ下降基調。
1,0475を明確に抜けないと
この場合は上昇基調を引けないんですね。
なのであの記事でのユーロドルの取引は
この1,0470台が5分でも1時間でも
かなり重要だったんですね。なので
ふるい落としがあるかもとなったんです。
1時間足で1,0475を一気に抜き去る
パワーを5分のあの細いチャネルに
感じなかった。5分は抜けて上昇転換した
あとにふるい落とされた。そしてこの
1時間足の形。チャートパターンのみでいうと
ちょっと不気味な感じがしますね。
5分足でも書きましたが戻りよりも
下落のほうが時間が短いとなんというか
そわそわしますね。1時間では
戻り売りなんですがちょっと注意が必要かな。
本当になんとなくなんでね。
振れた方向についていくだけ。

昨日のユーロドル

ユーロドル
12 /24 2016

赤線(上昇基調、下降基調)と青線の引き方の
サンプルはこちら (一部省略しています)
お申込みはこちら
1月15日をもちまして締め切りとさせていただきます。
興味がおありの方はお早めに。
次回の予定はありません。




2016-12-24 (5)


ユーロドルの昨日からの画像です。
1,0470抜けてもふるい落としがあるかもしれませんよ。
ふるい落とされました。
1,0470を抜けたところでは買わなかったのですが
言い出した手前もあり、一旦落ち切ったところでロング。
この辺なら傷も浅いかなと大した理由はありません。
なかなか粘りました、、、が案の定狩られました。
ここの撤退どころ、黄色の四角で良かったんですよね。
マイナス10pipsほど狩られて再上昇。そこでもう一回
買ってもよかったのですが眠気と
週明けがめんどくさいので断念。
タイミングを見てまた買ってみるつもり。

kaori1.DJI

直近高値、直近安値を明確に定義していき、トレンドフォロー、チャネルライン、フィボナッチ、エリオット波動理論で相場を分析。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。