スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --

赤線(上昇基調、下降基調)と青線の引き方の
サンプルはこちら (一部省略しています)
お申込みはこちら
1月15日をもちまして締め切りとさせていただきます。
興味がおありの方はお早めに。
次回の予定はありません。




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポン円 1時間足

ポンド円
10 /20 2016

赤線(上昇基調、下降基調)と青線の引き方の
サンプルはこちら (一部省略しています)
お申込みはこちら
1月15日をもちまして締め切りとさせていただきます。
興味がおありの方はお早めに。
次回の予定はありません。




2016-10-20 (6)


ポン円1時間足。
しまった。やってしまった。見落としていた。
昨日の下落で126,65で決済かけていたはずなのに。
ちょっとテンション下がっています。
126,65を切り下げないと下降基調がでない。(赤の下向き太線)
そして138,64-138,50から125,51-125,01の戻りも現状物足らない。
やっぱりもう少し時間かけてトレンド転換しない程度に上を見に来るかもしれませんね。
執拗にこだわっていた128,40ー128,60台。このあたりまでくれば反応を見て戻り売り。
下行ったらしょうがない。自分の責任。あー、昨日の126,65が悔やまれる。


上下レジサポ記載していますが、
上昇トレンド中の直近高値レジスタンでのショートや
下降トレンド中の直近安値サポートの値でのロングは当たり前ですが逆張りです。
基本はトレンドフォローです。
また実際のトレードにMT4を使用しているわけではございませんのであしからず。
および世間一般的な高値、安値とは値が違うと思いますが、個人的な求め方で算出して
おりますのでご理解いただきますようお願いいたします。



頑張って更新していきますので応援ポチッお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

kaori1.DJI

直近高値、直近安値を明確に定義していき、トレンドフォロー、チャネルライン、フィボナッチ、エリオット波動理論で相場を分析。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。