スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --

赤線(上昇基調、下降基調)と青線の引き方の
サンプルはこちら (一部省略しています)
お申込みはこちら
1月15日をもちまして締め切りとさせていただきます。
興味がおありの方はお早めに。
次回の予定はありません。




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル円 5分足

ドル円
10 /20 2016

赤線(上昇基調、下降基調)と青線の引き方の
サンプルはこちら (一部省略しています)
お申込みはこちら
1月15日をもちまして締め切りとさせていただきます。
興味がおありの方はお早めに。
次回の予定はありません。




2016-10-20 (2)


ちょうど7時35分の足で下降基調が確定しましたね。
本来ならここで戻り売りが私の中ではセオリーになっています。
103,22-103,18は教科書でいうトレンド転換ポイント。
ここもきっちり反応しています。教科書に書かれているとおりでは
絶対勝てない訳ではありませんが、教科書が言っていることの本質と
押し目、戻り高値を正確に定義していかないと応用できませんよね。
ドル円私の中では既に下降トレンド。
ここからの戻りはそう高くないとみています。
つまり103,48-103,46が直近の高値になるか103,60付近までもどして
直近安値更新、、、してほしい。
103,60台はあまり触ってほしくないですけどね。


上下レジサポ記載していますが、
上昇トレンド中の直近高値レジスタンでのショートや
下降トレンド中の直近安値サポートの値でのロングは当たり前ですが逆張りです。
基本はトレンドフォローです。
また実際のトレードにMT4を使用しているわけではございませんのであしからず。
および世間一般的な高値、安値とは値が違うと思いますが、個人的な求め方で算出して
おりますのでご理解いただきますようお願いいたします。



頑張って更新していきますので応援ポチッお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ









スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

kaori1.DJI

直近高値、直近安値を明確に定義していき、トレンドフォロー、チャネルライン、フィボナッチ、エリオット波動理論で相場を分析。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。