スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --

赤線(上昇基調、下降基調)と青線の引き方の
サンプルはこちら (一部省略しています)
お申込みはこちら
1月15日をもちまして締め切りとさせていただきます。
興味がおありの方はお早めに。
次回の予定はありません。




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サポート、レジスタンスは全て帯状?ダウ理論

相場観
01 /07 2017

赤線(上昇基調、下降基調)と青線の引き方の
サンプルはこちら (一部省略しています)
お申込みはこちら
1月15日をもちまして締め切りとさせていただきます。
興味がおありの方はお早めに。
次回の予定はありません。




こんばんは。
ネタを小出しにしているわけではなく
すごくいいご質問をいただきましたので
お答えできる範囲でお答えしたいと思います。
ここ数日のドル円5分足
2017-01-07 (5)
ずっとこのチャネル引いていましたが
この引き方がやはり疑問だったようです。
引き方に関してはどうしてもお伝えできない
所があります。正直、、、教えたくないです。
ここは私を信用してくれた方のみ。
これが一つ目のご質問。
私も投資を始めたばかりでチャネルライン
魅了され、教科書を読み漁っていたころは
こう引いていたかもしれません。
2017-01-07 (6)
恐らくこのように引いていたかCを最高値と
捉えていたかもしれませんね。
ごくごく自然で当たり前のように見えます。
ですが私は一貫して1枚目の画像の
チャネルを引いていたと思います。
もちろんCがAを超えていないと
断言してからですが。
で、このチャネルにフィボナッチ入れていきます。
2017-01-07 (7)
常々チャネル2倍や0,5とか言っていますが
もちろん0,618、  0,382、  1,618、、、
全部見ています。フィボナッチ、エリオット、
オカルトかもしれませんね。でも移動平均や
オシレータも結局オカルトなんですよね。
それを利用したボリンジャーもテクニカル全て
確率の高い現象を追い求めたオカルト。
また批判されそうです。
でもテクニカルに正解なんてないと思いませんか?
私はこの赤線や青線、チャネルの引き方を
誰がやっても同じチャートにするには
ローソク足1本の見方
というところに行きついただけ。
話がそれました。
2つ目の質問。
青い線は値幅があるのにチャネルには
値幅はないのですか?
痛いところついてきます、、、。
答えは、、、あります。
すごく熱心にご質問いただきましたので
このドル円5分足のみ掲載します。
2017-01-07 (8)
さっきのチャネルの各フィボナッチに
帯をつけるとこんな感じ。
ここで1,618の帯を見てください。
拡大します。
2017-01-07 (9)
ギリギリ抜けてません。
3枚目の画像では抜けているように見えますが
実は抜けていない。
さらにD-Eの1,382もこのあたりでした。
CからFに仮にチャネルを引くと
Dからの戻りをEとしたときに
いまいち感がどうしてもありました。
なのでブログには戻りがあるのではないか。
下降トレンドになっても売る気になれない。
と書きました。確かに下降トレンドなんです。
下降トレンドなのですが飛びつき売りは
しないほうがいいチャートの形だった。
ということです。Fからの反発を見て
とっさに買ってしまいましたがこれは完全に
ルール違反。もっと見極めてからでももちろん
遅くありませんでした。
ここからも重要なのですが
まだチャネル引き直せないんです。
このFからの上昇基調がCを抜けず
ある条件をみたしてFを更新した時に
引き直せるわけなのですが、ブログでは
フライング気味に引き直したりもしています。
この現状のチャネルにフィボナッチ引きます。
2017-01-07 (10)
E-Fでチャネル下限をブレイク。
F-Gで戻すも抜けれず、
Hから2度目のトライ。
ここで昨日私が
赤い四角
で囲っていたところが出てくるわけです。
上にすぐ青線もあったことから結構行ったり来たり
しましたよね。指標もあったのですが。
2度目のトライということで抜けたわけですが、
その上の0,382の帯の下限で止まっています。
ここも青線ありますね。これに青線引くと
白い帯と青線の重なるところの反応はかなり高い
です。もちろん逆張りはだめですよ。決済目安。
私のチャネルの引き方では(最後の画像)現状
このままチャネルを引き直すような値動きが出ない限り
Bの高値を取れないと上昇トレンドにはならない。
安値更新前提チャネルは
B-C-Hで引き直してください。
戻り売り目線の方はそのチャネルを参考に売り場を探す。
ということになります。
質問頂いた方に納得いただけたと思っておりますが
かなり困惑しているようです。
正直なところ教科書の読みすぎと誤ったネットの知識
を混在させているのではないかと思っております。
そんなところに大事なことは何も書いていませんよ。
正しい知識のきっかけを掴んで、あとは自分で発展
させていくしかないのではないでしょうか?
テクニカルは何でもいいです。
どんなテクニカルでも突き詰めれば必ず利益を
出せると思います。ですがそのテクニカル自体の
見方を誤っているのではないか?
移動平均、エリオット、ボリンジャー、フィボナッチ
全てローソク足1本の値動きの結果です。
それらのテクニカルから導き出された
レジスタンス、サポートを抜けるのも
ローソク足自身です。今一度ローソク足の
見方を見直してみてはいかがでしょうか?
明日は1時間足を更新したいと思います。
ご購読ありがとうございました。

頑張って更新していきます。
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
FX


チャートの見方を詳しく知りたい方は
ツイッターにでもDMください。



このブログの画像で使用している用語については
こちら
上下レジサポ記載していますが、
上昇トレンド中の
直近高値レジスタンスでのショートや
下降トレンド中の
直近安値サポートの値でのロングは
当たり前ですが 逆張りです。
基本はトレンドフォローです。
詳しくはこちら
また実際のトレードにMT4を使用しているわけでは
ございませんので あしからず。
および世間一般的な高値、安値とは値が違い、ダウ理論
考え方、トレンド転換の定義も世間一般的なものとは違い
個人的な求め方で算出しておりますのでご理解、ご了承のほど
よろしくお願いいたします。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

kaori1.DJI

直近高値、直近安値を明確に定義していき、トレンドフォロー、チャネルライン、フィボナッチ、エリオット波動理論で相場を分析。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。