スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --

赤線(上昇基調、下降基調)と青線の引き方の
サンプルはこちら (一部省略しています)
お申込みはこちら
1月15日をもちまして締め切りとさせていただきます。
興味がおありの方はお早めに。
次回の予定はありません。




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポンド円5分足の直近高値 直近安値 ダウ理論

ポンド円
01 /05 2017

赤線(上昇基調、下降基調)と青線の引き方の
サンプルはこちら (一部省略しています)
お申込みはこちら
1月15日をもちまして締め切りとさせていただきます。
興味がおありの方はお早めに。
次回の予定はありません。




2017-01-05 (6)

ポンド円5分足の押し目、戻り高値、ダウ理論ですが
非常に不気味な感じですよね。
142,19-145,34の上昇はまだ終了していない。
ここから145,34を抜いてきたとしても
あまり上値は望めない用も気がするが
どっちに振れるかをしっかりと見極めたい。
先ほどの下落で142,19を切り下げると思っていたが
中途半端な位置で切り返し2回目のトライ中。
抜ければ素直についていくしかないが
ここからの上昇のほうが可能性が高いように
思えてならない。決して断言しているわけではなく
あくまで可能性。そのあたりは個人で見極めてほしい。
上に赤線(上昇基調)が引ければ迷わず買うつもり。

頑張って更新していきます。
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
FX


チャートの見方を詳しく知りたい方は
ツイッターにでもDMください。



このブログの画像で使用している用語については
こちら
上下レジサポ記載していますが、
上昇トレンド中の
直近高値レジスタンスでのショートや
下降トレンド中の
直近安値サポートの値でのロングは
当たり前ですが 逆張りです。
基本はトレンドフォローです。
詳しくはこちら
また実際のトレードにMT4を使用しているわけでは
ございませんので あしからず。
および世間一般的な高値、安値とは値が違い、ダウ理論
考え方、トレンド転換の定義も世間一般的なものとは違い
個人的な求め方で算出しておりますのでご理解、ご了承のほど
よろしくお願いいたします。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

kaori1.DJI

直近高値、直近安値を明確に定義していき、トレンドフォロー、チャネルライン、フィボナッチ、エリオット波動理論で相場を分析。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。