スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --

赤線(上昇基調、下降基調)と青線の引き方の
サンプルはこちら (一部省略しています)
お申込みはこちら
1月15日をもちまして締め切りとさせていただきます。
興味がおありの方はお早めに。
次回の予定はありません。




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/09のツイートまとめ

まとめて
10 /10 2016

赤線(上昇基調、下降基調)と青線の引き方の
サンプルはこちら (一部省略しています)
お申込みはこちら
1月15日をもちまして締め切りとさせていただきます。
興味がおありの方はお早めに。
次回の予定はありません。




kaori_DJI

テクニカル分析を極めることができればそれ以外何もいらない。テクニカル分析の原点は戻り高値、押し安値を明確に定義できるかどうか。ファンダメンタルズはただの後付け。決算よくても下がる事が良い例。オシレータも定義出来ない人達が作った苦肉の策。
10-09 18:54

ブルトレンドからベアトレンドにトレンド転換したからといって慌ててショートのポジショニングするのではなく直前のブルトレンドの内容、さらにはそのブルトレンドの前のベアトレンドの内容を最低でも理解しておかなければならない。
10-09 17:28

あまりにも終値を重要視しすぎていて、もっともっと大切なことが軽視されている。確かに終値は大事だか終値自体をシグナルにしていると相場の本質は読み取れない。
10-09 16:14

トレンドを定義する上で必ず押し目、戻り高値を定義しなければならない。押し目の終点をその波動の最安値や最も安い終値で定義すると100%正確な波動は捉えることができない。戻り高値の終点をその波動の最高値や最も高い終値で定義すると100%正確な波動を捉えることができない。
10-09 13:54

https://t.co/PX0zQHIP4B
10-09 13:04

ブログ更新しました。
10-09 12:55

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

kaori1.DJI

直近高値、直近安値を明確に定義していき、トレンドフォロー、チャネルライン、フィボナッチ、エリオット波動理論で相場を分析。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。