スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --

赤線(上昇基調、下降基調)と青線の引き方の
サンプルはこちら (一部省略しています)
お申込みはこちら
1月15日をもちまして締め切りとさせていただきます。
興味がおありの方はお早めに。
次回の予定はありません。




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終値をどうとらえるか。

相場観
10 /09 2016

赤線(上昇基調、下降基調)と青線の引き方の
サンプルはこちら (一部省略しています)
お申込みはこちら
1月15日をもちまして締め切りとさせていただきます。
興味がおありの方はお早めに。
次回の予定はありません。




終値って大事ですよね。上値抵抗帯、上値レジスタンスを終値が抜けたからロング。
ちょっと利が乗って反転ロスカット。
なぜ
こういうことありますよね~。
そう、終値だけが抵抗値を抜けても抜けたことにはならないんです。
そもそもMT4のEAもそうですが書籍等で終値の重要性を取り上げすぎですよね。
ほとんどのテクニカルやオシレーターも終値を採用している。
そもそも直近高値や直近安値を明確に定義できればそれ以外何もいらないんです。
明確に定義できないから余計なものが流行る。その結果間違えた知識が流行る。
いつまでたっても抜け出せない負の連鎖。
仮に直近安値、直近高値が定義できなくても買って買って勝ち続けることができればそれでいいんです。
買った人の勝ちですからね。そんな人はほんの一握りでしょうけど。
まず負けないために、投資をギャンブルにしないために自分の手法に定義をすることが大切です。
直近高値とは、ブル派が高値更新を目論んだが失敗し、その起点を割り込むことによって形成するのです。
直近安値はその反対。当たり前のことですけどそれを明確に定義していますか?
どの足のどの値をなにがどうなれば割り込んだと判定していいか定義できますか?
相場に絶対はありません。しかし一つ一つをしっかりと理解していけば余計な情報にとらわれず
直近高値と直近安値のみで相場と渡り合っていけます。
まずは終値が何を決めるものかを考え、
                   
シグナル=終値

でないことをかんがえることから始めてみてください。
もっとほかの何かが見えてくるはずです。
ありがとうございました

上下レジサポ記載していますが、
上昇トレンド中の直近高値レジスタンでのショートや
下降トレンド中の直近安値サポートの値でのロングは当たり前ですが逆張りです。
基本はトレンドフォローです。
また実際のトレードにMT4を使用しているわけではございませんのであしからず。

頑張って更新していきますので応援ポチッお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

kaori1.DJI

直近高値、直近安値を明確に定義していき、トレンドフォロー、チャネルライン、フィボナッチ、エリオット波動理論で相場を分析。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。