スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --

赤線(上昇基調、下降基調)と青線の引き方の
サンプルはこちら (一部省略しています)
お申込みはこちら
1月15日をもちまして締め切りとさせていただきます。
興味がおありの方はお早めに。
次回の予定はありません。




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資家心理とチャネル

相場観
12 /26 2016

赤線(上昇基調、下降基調)と青線の引き方の
サンプルはこちら (一部省略しています)
お申込みはこちら
1月15日をもちまして締め切りとさせていただきます。
興味がおありの方はお早めに。
次回の予定はありません。




こんばんは。
今日も偉そうなタイトルですが当たり前のことを
書きますので読もうと思っている人は
がっかりしないでください。

2016-12-26 (5)

ユーロ円9月の1時間足です。
今日のポン円日足と同じようなチャート。
A-Bの上昇に対してB-Iのもみ合い。
Cの安値をEが少しだけ更新。そのあとに大きな戻り。
この少しだけがポイントですよね。
また例のごとく普通ではありえないチャネル引きます。
E-Fでここを抜けた後の押しに反応。
ポン円日足とは違いチャネル2倍をこえ2,618まで。
(ここはマニアックなのでスルーで。)
F-GでC-D-Eのチャネル上限に入ってくるときに反発。
そのあとこのチャネル下限で反発。ここがG。
このチャネルの半値の延長線上と
A-Gのチャネル下限が反応。ここがI。
なんと美しいわかりやすい反応。そしてこの時の
心理状況。
買ったはいいがBを更新してくれるのだろうか。
売ったはいいがAを更新してくれるのだろうか。
こんなことが数回やりとりされています。
さっさとAを更新してほしい人と
さっさとBを更新してほしい人の期待が幾度となく
裏切られています。俗にいうもみ合いですが
こういうときってほとんどの人が恐怖に駆られて
うっとうしくて、わからなくなったという理由から
それまでのポジションをフラットにしているんですよね。
つまりそれだけどちらかに触れたときに新規にポジションを
とりたいと思っている人がいるということ。
これだけ揉めば当然チャネルの幅が広がる。
引いていませんが上から降ってくる下降チャネル上限も
ゆうに抜けています。これが先日のユーロドル5分足の
記事と大きく違うところ。これはB更新で買ってもいいパターン。
A-B-Gチャネル下限でIが反応していることでそれを
察知することも可能。Iから赤線が出れば買ってA-B-G
チャネルを割れば切ればいいだけ。しかも斜めに上がって
来てくれているのでカットラインは勝手に切りあがって
きてくれている。買うという判断ができないこともないですよね。
青い線も引いていますが本質はこのチャネル。
チャネルと青い線が重なればより抵抗が大きい。
でここを抜けた割には現状伸びが悪い。
もしここから121,71を明確に抜ければ下降基調になる
訳ですがそのまま転換することなく120,96を割って
再び上昇するようなことがあればかなりの伸びがあるのかな
というロンガーより目線の解釈です。
1時間足は上記の2つの値段に注目しています。
以上ここまでの上昇の解釈と心理状況についてのお話でした。

頑張って更新していきます。
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
FX


チャートの見方を詳しく知りたい方は
ツイッターにでもDMください。



このブログの画像で使用している用語については
こちら
上下レジサポ記載していますが、
上昇トレンド中の
直近高値レジスタンスでのショートや
下降トレンド中の
直近安値サポートの値でのロングは
当たり前ですが 逆張りです。
基本はトレンドフォローです。
詳しくはこちら
また実際のトレードにMT4を使用しているわけでは
ございませんので あしからず。
および世間一般的な高値、安値とは値が違うと思いますが、
個人的な求め方で算出しておりますので
ご理解いただきますよう お願いいたします。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

kaori1.DJI

直近高値、直近安値を明確に定義していき、トレンドフォロー、チャネルライン、フィボナッチ、エリオット波動理論で相場を分析。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。