スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --

赤線(上昇基調、下降基調)と青線の引き方の
サンプルはこちら (一部省略しています)
お申込みはこちら
1月15日をもちまして締め切りとさせていただきます。
興味がおありの方はお早めに。
次回の予定はありません。




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日のポン円

ポンド円
12 /24 2016

赤線(上昇基調、下降基調)と青線の引き方の
サンプルはこちら (一部省略しています)
お申込みはこちら
1月15日をもちまして締め切りとさせていただきます。
興味がおありの方はお早めに。
次回の予定はありません。




2016-12-24.png


おはようございます。
昨日のポンド円その後を拡大。
2016-12-24 (1)
aでショート、1のチャネル半値で7割決済。
bの足が陽線なら撤退とつぶやく。
めでたく陰線。
2で143,46-143,31のサポートと
チャネル半値に再び接近。
2回目もめでたく突破失敗。
もう1本陰線欲しかった。
このあたりでちょっと観念してます。
3で3回目のトライ。
めでたく失敗。もうほとんど観念してます。
2016-12-24 (2)
さらに私の中では1分足で2の安値を3が
切り下げることができなかった。
dでさようならしました。最低でもcでは
一旦ショート目線を外すべきところです。
1とd、、、一緒じゃん。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

kaori1.DJI

直近高値、直近安値を明確に定義していき、トレンドフォロー、チャネルライン、フィボナッチ、エリオット波動理論で相場を分析。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。