スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --

赤線(上昇基調、下降基調)と青線の引き方の
サンプルはこちら (一部省略しています)
お申込みはこちら
1月15日をもちまして締め切りとさせていただきます。
興味がおありの方はお早めに。
次回の予定はありません。




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高値切り下げ、安値切り下げ

相場観
12 /23 2016

赤線(上昇基調、下降基調)と青線の引き方の
サンプルはこちら (一部省略しています)
お申込みはこちら
1月15日をもちまして締め切りとさせていただきます。
興味がおありの方はお早めに。
次回の予定はありません。





無題4

無題5

こんばんは。今日も批判を頂きに来ました。
私も押し戻りを定義するうえで
高値と安値の切り上げ、
高値と安値の切り下げは
もちろん常に意識しております。
上の2枚の図。為替の分足的表現。
どちらが高値と安値を切り下げていますか?
そう、下の図です、、、。
といいたいところですがどちらも
何の変化も起こっていません。
強いて言うならば確かに安値は切り下げています。
でも高値を切り下げたとは言えないはずです。
だって高値切り下げ安値切り下げって
こういうことでしょ?
無題6
どこで高値切り下げてると判断してるの?
っていう話です。
下の図の2本目の上髭?
いやいや、そんな馬鹿な。
確かに上にはうごいてますよ。
でもこの上髭で高値切り下げは少し
違うんじゃないかと。陰線の表現は
ほとんどがこうです。
無題7
でもこうだったらどうするの?
無題8
屁理屈かもしれないけど私のローソク足1本に
対しての疑問はここから始まりました。
これだったらいつまでたっても明確に
ブレイクできないじゃん。
常に1%でも可能性がある事柄を
徹底的につぶしていくと
かなり優位性のある現象につながっていきます。
これを追い求めるしか私には相場を読み取る力が
ありませんでした。でもそのおかげでなんとか
稼げてます。もっとほかに優位性のあるもの
もあると思います。移動平均を否定
するわけではないです。移動平均で稼げていれば
それでいいんです。すばらしいことだと思います。
移動平均も立派な優位性です。でも平均の優位性
ってのが私には合わなかった。結局ローソク足だった。
まずは本などで紹介されているテクニカルの意味や
なぜそれを求めるのかを疑ってかかり
自分が納得したものだけを徹底的に追及していく。
それが確固たる自分に合った自分だけの手法に
つながるのではないでしょうか?
それしかこの気まぐれな相場というものを
相手に生き残る道はないかと思います。
しょうもないお話にお付き合いいただき
ありがとうございました。
明日は1時間足全部アップします。
他にも私なんかの赤線でよければ
ペアと時間足リクエスト下さい。
時間があれば引きます。ですが1分足だけは
勘弁してください精神がやられます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

kaori1.DJI

直近高値、直近安値を明確に定義していき、トレンドフォロー、チャネルライン、フィボナッチ、エリオット波動理論で相場を分析。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。