スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --

赤線(上昇基調、下降基調)と青線の引き方の
サンプルはこちら (一部省略しています)
お申込みはこちら
1月15日をもちまして締め切りとさせていただきます。
興味がおありの方はお早めに。
次回の予定はありません。




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続 トレンド転換

相場観
12 /19 2016

赤線(上昇基調、下降基調)と青線の引き方の
サンプルはこちら (一部省略しています)
お申込みはこちら
1月15日をもちまして締め切りとさせていただきます。
興味がおありの方はお早めに。
次回の予定はありません。




必要なもの?不要なもの?

大して動かないので質問をいただきましたので
お答えできる範囲でお答えします。

トレンド転換に必要な横軸の条件は
満たしているものとしてください。
無題13
これはトレンド転換していません。
無題8
これはトレンド転換しています。

上はただの押し目。
(3を更新すれば)

下はそこまでの上昇の終了。

どちらも2は割っていない、
どちらもCでAを明確に抜けている。
どちらもチャネル下限は割っている。
なにが違うのでしょうか?
もう1本チャネル加えます。
無題12

無題11
おわかりですね。
2を割らないとトレンド転換しない
わけではないんです。
理由は過去の記事で。
3-A-B-Cの3波動が高値と安値を
切り下げていれば条件を満たせばトレンドは
転換します。問題はその形ということです。
過去の記事でこれに反する画像が
あるかもしれませんがここまで考慮して
書いておりません。ご了承ください。

ここでおさらいです。

トレンド転換に重要なものは

縦軸(価格)

横軸(時間)

斜め軸(チャネル)

さらにチャネルには

上昇チャネル

下降チャネル

が必要ということになってきます。

正確な縦軸を求めないと
正確な横軸がわかりません。

正確な横軸がわからいと
正確な斜め軸がわかりません。

全部つながっているんですよね。

一般的に縦軸に関しては
様々なテクニカルや値の求め方がありますが
どれもデタラメです。使い物になりません。
というか私には合わなかった。
なので全部捨てました。
ローソク足しか見ていません。
結果、それで十分でした。
いろいろ表示していたものをバッサリと
切り捨ててローソク足だけチャートをみたときは
愕然としました。でもそこにしか本当に
必要な情報はなかった。

縦軸を正しく求めるということは
買いがどの足からどの足までだったのか
売りがどの足からどの足までだったのか
を求めるということです。ここでひとつ、
買いの最後の足と
売りの最初の足は
絶対に同じ足ではありません。
さらに言うと
買いの最後の足と
売りの最初の足は
隣接しているとは限りません。
斬新でしょ?
ブログの赤線は
買いの始め

売りの始め
を結んでいます。
買いの終わりと売りの終わりは
別のところにあります。
縦軸を正しく求めないと
買いの始めと売りの始めが
正しくわからないんです。
買いの始めと売りの始めがわからないと
ここ
わからない。
ここがわからないとチャネルが引けない。
チャネルが引けないとトレンド転換がわからないという
(厳密にいうと縦軸だけでもチャネルは引けるのですが)
悪循環。そしてインジケータや人の手法に逃げてしまう。
そう、私のことです、まさに。
そんな私でしたがそこそこ取れるようになりました。
頼っていたものを全部捨てたことで。
本当に必要なものだけで十分です。
他のものは目安程度にとどめてみてください。
縦横斜め以外では正確な底や天井は
わかりにくいと思います。
一度いらないものを捨ててみませんか?


頑張って更新していきます。
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
FX



チャートの見方を詳しく知りたい方は
ツイッターにでもDMください。



このブログの画像で使用している用語については
こちら
上下レジサポ記載していますが、
上昇トレンド中の
直近高値レジスタンスでのショートや
下降トレンド中の
直近安値サポートの値でのロングは
当たり前ですが 逆張りです。
基本はトレンドフォローです。
詳しくはこちら
また実際のトレードにMT4を使用しているわけでは
ございませんので あしからず。
および世間一般的な高値、安値とは値が違うと思いますが、
個人的な求め方で算出しておりますので
ご理解いただきますよう お願いいたします。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

kaori1.DJI

直近高値、直近安値を明確に定義していき、トレンドフォロー、チャネルライン、フィボナッチ、エリオット波動理論で相場を分析。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。