スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --

赤線(上昇基調、下降基調)と青線の引き方の
サンプルはこちら (一部省略しています)
お申込みはこちら
1月15日をもちまして締め切りとさせていただきます。
興味がおありの方はお早めに。
次回の予定はありません。




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押し、戻りって何なんでしょうね、、、。

相場観
10 /07 2016

赤線(上昇基調、下降基調)と青線の引き方の
サンプルはこちら (一部省略しています)
お申込みはこちら
1月15日をもちまして締め切りとさせていただきます。
興味がおありの方はお早めに。
次回の予定はありません。




チャートを見ている人はどこが押し目なのか、どこが戻り高値なのか、
この高値は前回高値を越えているのかetc、、、。
頭痛いですよね
で、損失、損失、利益、損失、損失、利益
シグナル配信に頼ってまた損失
情報商材でまた損失
もう嫌になりますよね。
そう、そうなんです。でもこれ私の話で実話。
お恥ずかしい
そこで私1年ほど相場を休んで勉強しました。
で、あることに気づきました。ここからまじめなお話。

8割以上の人が相場で負けている。
つまり投資に失敗しているというわけです。
残り2割の人はなぜ勝てているの?
どこの何を見ているの?
ファンダメンタル?移動平均?オシレータ?MT4のEA?
いいえ、違います。テクニカルです。
もうこれしかありません。
これにかなうものは絶対にないのです。
もちろんテクニカルを使わず勝ち続けることができる人を
否定しているわけではありません。
その人たちは、勉強して自分の投資法を確立して資金配分も
しっかりできているのです。すばらしいことですね。
情報商材やEAを買って勝ち続ければそれでもいいと思います。
ですが現実は、、、。
じゃぁどうすればいいの?
基本に戻りましょう。
もちろん有名な定説の中にも若干のずれや誤差はあると思います。
ですが基本、1に基本、2に基本、、、100まで基本です。
その基本の裏を行くわけです。矛盾してます?
私は矛盾というより基本のとらえ方が間違って広まっているような気がします。
終値やローソク足が重要視され過ぎていて本質が見えていません。
重要視させるために、素人から巻き上げるために業界が仕組んだ罠かと思うほど
余計な事を重要視させているきがします。本当だったらゾっとしますけど。
記事見て下さい。さっきUPしたユーロドル。
1,1151-1,1145にサポート引いてますよね?
5分足、0時45-50の足で安値ドンピシャでしょ?
ここはちなみに昨日の15時45分に引いています。
一度ロングいれてもいいところです。ただ方向はベアorフラットなので早めに仕舞う。
逆張りなんか基本しなくてもいいんです。してもさっさと逃げる。
ちゃんとブルを確認して入らないとそれはギャンブルです。
でも1,1151-1,1145は絶対に止まるんです。
これギャンブル?その確証があればロング。なければギャンブル。
実際5時に1,1151-1,1145割って今度はここがレジになってる。
レジサポ転換。
レジ、サポ引ければ止まるとこもわかるし、今ブルなのかベアなのかフラットなのかもわかる。
それがわかれば戦略もたてられる。そのために重要なのがやっぱり直近安値、直近高値。
でここで問題。そこどこ?誰か教えてくれるの?勝手に定義していいの?
ダメですよ。ちゃんとした定義があります。その定義のために必要なのが4本値。
1本のローソク足に4つの情報。悩みました。ものすごく。
そしてなんとなくわかりました。

今まで最も重要視していたところはそこまで重要ではなかった。

最も重要視していたところこそ書籍や定説で唱えているところ。

そりゃ負けますわ
そろそろ時間なのでこの続きはまた今度

にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ









スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは。面白そうですね。
今後に期待してます。

kaori1.DJI

直近高値、直近安値を明確に定義していき、トレンドフォロー、チャネルライン、フィボナッチ、エリオット波動理論で相場を分析。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。