スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --

赤線(上昇基調、下降基調)と青線の引き方の
サンプルはこちら (一部省略しています)
お申込みはこちら
1月15日をもちまして締め切りとさせていただきます。
興味がおありの方はお早めに。
次回の予定はありません。




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各1時間足 今後の展望 ダウ理論

ドル円 ポンド円 ユーロ円 ユーロドル 5分足
01 /15 2017

赤線(上昇基調、下降基調)と青線の引き方の
サンプルはこちら (一部省略しています)
お申込みはこちら
1月15日をもちまして締め切りとさせていただきます。
興味がおありの方はお早めに。
次回の予定はありません。




赤線の引き方のご応募は

明日0時

を持ちまして

締め切りとさせていただきます。

次回の予定はありません。

予めご了承下さい。


ドル円1時間足の押し目、戻り高値、ダウ理論

2017-01-15 (4)

結構落ちるかもしれませんね。
1時間足でみるとまだまだ
下落しても全然平気。
という感じのチャート。
もちろん5分足の波動にもよるが
前提チャネル下限までは警戒を
持っておきたい。


ポンド円1時間足の押し目、戻り高値、ダウ理論

2017-01-15 (5)

ポンド円もドル円同様どこまで落ちても
全然かまいませんよというチャート。
赤い線はチャネル下限。
ここを抜けてくるようなら
危険推移になるがまだ戻りがない。
一旦もどって3波動にならない限り
押し目買いに変わりない。


ユーロ円1時間足の押し目、戻り高値、ダウ理論

2017-01-15 (6)

ユーロ円1時間足は
5分足でも言い続けているように
120,96の更新。
これ以下は買いゾーンと現時点ではみているが
120,96をどのような形で抜けてくるかに
注目している。


ユーロドル1時間足の押し目、戻り高値、ダウ理論

2017-01-15 (8)

抜けたチャネル下限に2度目のトライなるか。
個人的にはそろそろ戻り売りゾーンに
入っているとみている。チャネル下限あたりまでくれば
そのあたりを売りがどうこなして、どう処理するかに
注目。


頑張って更新していきます。
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
FX


チャートの見方を詳しく知りたい方は
ツイッターにでもDMください。



このブログの画像で使用している用語については
こちら
上下レジサポ記載していますが、
上昇トレンド中の
直近高値レジスタンスでのショートや
下降トレンド中の
直近安値サポートの値でのロングは
当たり前ですが 逆張りです。
基本はトレンドフォローです。
詳しくはこちら
また実際のトレードにMT4を使用しているわけでは
ございませんので あしからず。
および世間一般的な高値、安値とは値が違い、ダウ理論
考え方、トレンド転換の定義も世間一般的なものとは違い
個人的な求め方で算出しておりますのでご理解、ご了承のほど
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

ドル円 ポンド円 ユーロ円 ユーロドル 5分足 今後の展望 ダウ理論

ドル円 ポンド円 ユーロ円 ユーロドル 5分足
01 /15 2017

赤線(上昇基調、下降基調)と青線の引き方の
サンプルはこちら (一部省略しています)
お申込みはこちら
1月15日をもちまして締め切りとさせていただきます。
興味がおありの方はお早めに。
次回の予定はありません。




すいません、インフルエンザで少し寝込んでました。
リレンザ、よく聞きますね。
1日で熱は下がりました。
体調管理にも気をつけましょう。

ドル円5分足の押し目、戻り高値、ダウ理論

2017-01-15.png

ドル円は引き続き戻り売り。
特筆する点はありませんが
もう少し下値があってもいいように思いますが、
チャネルがなかなか引き直せないので
どちらかに振る動きが欲しいですね。


ポンド円5分足の押し目、戻り高値、ダウ理論

2017-01-15 (1)

ポンド円は下降チャネル引き直しています。
この上限を抜けてくると再び買い目線に
切り替えなければいけませんね。
上昇トレンド中の押しの領域は
まだ抜け切れていません。
結構下落していますが、
まだまだ強気に売る、というわけには
行かない位置ですね。


ユーロ円5分足の押し目、戻り高値、ダウ理論

2017-01-15 (2)

ユーロ円はもみ合ってますね。
120,96更新を望んでいます。
引き続き戻り売りですが
ユーロドルが強かった分
下げ渋っていますね。
ユーロドルもいったんのもどりは
達成範囲に来ましたので
つられて落ちるか注目ですね。


ユーロドル5分足の押し目、戻り高値、ダウ理論

2017-01-15 (3)

ユーロドルですが、なんとか
1,06台中盤を達成してくれました。
チャネル半値でいったん抵抗されていますね。
ここからさらなる上値も全然不思議ではないのですが、
うーん、、、、どうでしょうかね。
現段階では少し判断が難しそうです。
まずは上昇チャネル下限を割ってくるか、
チャネル上限を抜けてくるかこのあたりに
注目しています。


頑張って更新していきます。
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
FX


チャートの見方を詳しく知りたい方は
ツイッターにでもDMください。



このブログの画像で使用している用語については
こちら
上下レジサポ記載していますが、
上昇トレンド中の
直近高値レジスタンスでのショートや
下降トレンド中の
直近安値サポートの値でのロングは
当たり前ですが 逆張りです。
基本はトレンドフォローです。
詳しくはこちら
また実際のトレードにMT4を使用しているわけでは
ございませんので あしからず。
および世間一般的な高値、安値とは値が違い、ダウ理論
考え方、トレンド転換の定義も世間一般的なものとは違い
個人的な求め方で算出しておりますのでご理解、ご了承のほど
よろしくお願いいたします。

ドル円 ポンド円 ユーロ円 ユーロドル 5分足 今後の展望 ダウ理論

ドル円 ポンド円 ユーロ円 ユーロドル 5分足
01 /11 2017

赤線(上昇基調、下降基調)と青線の引き方の
サンプルはこちら (一部省略しています)
お申込みはこちら
1月15日をもちまして締め切りとさせていただきます。
興味がおありの方はお早めに。
次回の予定はありません。




全体的な見解はここ数日と大して変更ない。

ドル円5分足の押し目、戻り高値、ダウ理論

2017-01-11 (2)

ドル円ですが思ったより時間がかかりますね。
今日はロスカット1回。
引き続き戻り売り目線。

ポンド円5分足の押し目、戻り高値、ダウ理論

2017-01-11 (3)

ドル円と同じく戻り売り目線だが
一応売ってはいるが
もう少し戻りがあるのか
調整に時間がかかるのでは?
という不安がぬぐい切れない位置。
様子見しながらのショート目線。

ユーロ円5分足の押し目、戻り高値、ダウ理論

2017-01-11 (4)

チャネル下限を抜けたり戻ったりを
繰り返しているがあまりにも
時間がかかっているため
多少警戒感が必要か。
120,91割れの夢は捨てていない。

ユーロドル5分足の押し目、戻り高値、ダウ理論

2017-01-11 (5)

直近の上昇はランニングフラットであった
可能性が高い抜けたチャネル上限での
反応を見極めたい。


頑張って更新していきます。
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
FX


チャートの見方を詳しく知りたい方は
ツイッターにでもDMください。



このブログの画像で使用している用語については
こちら
上下レジサポ記載していますが、
上昇トレンド中の
直近高値レジスタンスでのショートや
下降トレンド中の
直近安値サポートの値でのロングは
当たり前ですが 逆張りです。
基本はトレンドフォローです。
詳しくはこちら
また実際のトレードにMT4を使用しているわけでは
ございませんので あしからず。
および世間一般的な高値、安値とは値が違い、ダウ理論
考え方、トレンド転換の定義も世間一般的なものとは違い
個人的な求め方で算出しておりますのでご理解、ご了承のほど
よろしくお願いいたします。

ドル円 ポンド円 ユーロ円 ユーロドル 5分足 今後の展望 ダウ理論

ドル円 ポンド円 ユーロ円 ユーロドル 5分足
01 /10 2017

赤線(上昇基調、下降基調)と青線の引き方の
サンプルはこちら (一部省略しています)
お申込みはこちら
1月15日をもちまして締め切りとさせていただきます。
興味がおありの方はお早めに。
次回の予定はありません。




おはようございます。

どこで決済したのか晒せ!

とヤジをいただきまして外野で
やりとりしていて遅くなりました。
そんなの必要ですかね?ポイントは
ちゃんと読んで頂いていればわかるはず
なのですがね。まぁ特別に。

ドル円5分足の押し目、戻り高値、ダウ理論

2017-01-10 (4)

チャネルの赤線で決済しています。
割合はもうどうでもいいです。
昨日から引いてますよね?
昨日は運よく絶妙な位置でショートしたわけですが
その時はまだ半信半疑なので枚数は少な目。
確信に変わって増しました。
もう売りました?どこで売りました?
基本的にはそれを晒すブログではありません。
なぜ売ったか、なぜ利益確定をいれたかが
わかればそれでよくないですか?
全然まだまだ下目線。
金曜からの上昇は絶好の戻り売り場面でした。
直近安値更新、下降チャネル2倍も
視野に入れています。


ポンド円5分足の押し目、戻り高値、ダウ理論

2017-01-10 (6)

これはもう言わなくてもいいですね。
一旦チャネル2倍手前で決済して
売りなおしています。それをチャネル2倍で
決済してもよかったのですがもう少し落ちそうなので
様子見中です。


ユーロ円5分足の押し目、戻り高値、ダウ理論

2017-01-10 (7)

特別にチャネルを帯で掲載しています。
見ればわかりますよね。
下降チャネル下限の上限で決済、
下降チャネルの半値下限で戻り売り
今に至るです。
このチャネルの帯も
A付近のローソク足1本
B付近のローソク足1本
C付近のローソク足1本
で作られています。

2017-01-10 (8)

2017-01-10 (9)

2017-01-10 (10)

いろいろ試行錯誤してみてください。
たったこの三本のローソク足に引いた線で
ここまで機能しています。
目線はドル円と同じく↓。
赤い太線のサポートがどう機能してくるか。
ここに注目。

ユーロドル5分足の押し目、戻り高値、ダウ理論

2017-01-10 (11)

1,0532-1,0524は何度も絡んでくると
お伝えしましたが下降チャネル上限に触れず
ここを再び抜けたのでロングしています。
悲願の1,06台中盤を狙いたい。


頑張って更新していきます。
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
FX


チャートの見方を詳しく知りたい方は
ツイッターにでもDMください。



このブログの画像で使用している用語については
こちら
上下レジサポ記載していますが、
上昇トレンド中の
直近高値レジスタンスでのショートや
下降トレンド中の
直近安値サポートの値でのロングは
当たり前ですが 逆張りです。
基本はトレンドフォローです。
詳しくはこちら
また実際のトレードにMT4を使用しているわけでは
ございませんので あしからず。
および世間一般的な高値、安値とは値が違い、ダウ理論
考え方、トレンド転換の定義も世間一般的なものとは違い
個人的な求め方で算出しておりますのでご理解、ご了承のほど
よろしくお願いいたします。

ドル円 ポンド円 ユーロ円 ユーロドル 5分足 今後の展望 ダウ理論

ドル円 ポンド円 ユーロ円 ユーロドル 5分足
01 /09 2017

赤線(上昇基調、下降基調)と青線の引き方の
サンプルはこちら (一部省略しています)
お申込みはこちら
1月15日をもちまして締め切りとさせていただきます。
興味がおありの方はお早めに。
次回の予定はありません。




申し訳ありません。
時間がありませんので簡単に。
クロス円、ドルスト全部売ってます。

ドル円5分足の押し目、戻り高値、ダウ理論

2017-01-09 (7)

チャネル下限を割ることができるか。
割ればチャネル2倍目標値。
できなければ昨日の記事の展開。


ポンド円5分足の押し目、戻り高値、ダウ理論

2017-01-09 (8)

唯一このペアのみ想定外だった。
もう少し目線の切り替えを早めるべきだった。
ほぼジグザグ確定とみている。
ここから拡大フラットは少し考えにくい。
目標はチャネル下限だが少し手前でも
いいかもしれない。


ユーロ円5分足の押し目、戻り高値、ダウ理論

2017-01-09 (9)

ぎりぎり75のレジスタンスが耐えて急落。
こちらもチャネル下限に再々トライ。
ここを割れば晴れて目標も見えてくるが
ポン円と違いあまり下値は望めない。
最悪の場合Aのサポートに幅れる可能性も
0ではない。


ユーロドル5分足の押し目、戻り高値、ダウ理論

2017-01-09 (10)

夕方の投稿に同じ。
抜けたチャネル上限で踏みとどまれるか。
ここ反発すればロングを入れてみる


非常に雑になってしまいました。
急きょ予定が入ったため
申し訳ありません。

頑張って更新していきます。
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
FX


チャートの見方を詳しく知りたい方は
ツイッターにでもDMください。



このブログの画像で使用している用語については
こちら
上下レジサポ記載していますが、
上昇トレンド中の
直近高値レジスタンスでのショートや
下降トレンド中の
直近安値サポートの値でのロングは
当たり前ですが 逆張りです。
基本はトレンドフォローです。
詳しくはこちら
また実際のトレードにMT4を使用しているわけでは
ございませんので あしからず。
および世間一般的な高値、安値とは値が違い、ダウ理論
考え方、トレンド転換の定義も世間一般的なものとは違い
個人的な求め方で算出しておりますのでご理解、ご了承のほど
よろしくお願いいたします。

kaori1.DJI

直近高値、直近安値を明確に定義していき、トレンドフォロー、チャネルライン、フィボナッチ、エリオット波動理論で相場を分析。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。