スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --

赤線(上昇基調、下降基調)と青線の引き方の
サンプルはこちら (一部省略しています)
お申込みはこちら
1月15日をもちまして締め切りとさせていただきます。
興味がおありの方はお早めに。
次回の予定はありません。




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高値、安値、更新前提チャネル?

相場観
01 /08 2017

赤線(上昇基調、下降基調)と青線の引き方の
サンプルはこちら (一部省略しています)
お申込みはこちら
1月15日をもちまして締め切りとさせていただきます。
興味がおありの方はお早めに。
次回の予定はありません。




こんばんは。
昨日の続きになるかもしれませんが、
少し書き損じていたところもあるかなと
思って付け足します。
依然
「チャネルラインの嘘」
という記事にも書きましたが、
すこしそれに関係してくる部分です。

2017-01-08 (4)

昨日と同じ画像です。
この後に

2017-01-08 (5)

こうなれば何も問題なし。
さらにチャネルの引き直しもありません。
次に

2017-01-08 (10)

こうなってくるとチャネルの引き直しを
試みるわけです。(引き直しにはかなり
詳細な条件が必要になってきます。
さらに引き直したチャネルは安値更新
前提チャネル。)
実際に安値更新前提チャネルも付け加えます。

2017-01-08 (12)

ここまできてもトレンド転換チャネルは依然としてAです。
今回は直近の安値からの戻りがBのチャネル上限を
抜けないように引いています。
これがBを抜けた場合はさらに安値更新するための
チャネルを引き直さなければなりません。
その場合

2017-01-08 (15)

3を抜けることを予想しますか?
それともチャネルAを抜けることを予想しますか?

こう引き直した時点で
1を4が凌駕したことになります。
エリオットを勉強されている方はもちろん
1と4がかぶることはある特殊な波形を除いては
御法度になっています。これが
リーディングダイアゴナルトライアングルになる
可能性は限りなく0です。つまりAを更新してくる。
エリオットをオカルト呼ばわりする方にも重要です。
Aをとある条件を満たした3波動が抜けてくると
トレンド転換の1つの要素を満たすわけです。
この場合は限りなく高値を更新してくる可能性が
高くなった。まぁすぐAが目の前なんで誰でも
そう思うかもしれませんけど。Aのチャネルの
角度がある程度ついていても同じことです。
ダウ理論のみの場合でも
Aをある条件を満たした3波動で抜けてくることは
とても忌み嫌われているんですよね。
この場合は売り方にとって非常に嫌な流れ。
これを察知するために

高値更新前提チャネル

安値更新前提チャネル

をひいているわけです。
これをもって目線の転換をしていかないと
いけないんですよね。
なので今のドル円は下降トレンドに
転換したにも関わらずやや不透明な
位置に来ているわけです。
3から3波動で上に抜けてくるかどうか、
その抜けてきたスピード(期間)は
どのくらいかかったのかで今後の展開を
また予想していくわけです。
意味不明、奇天烈、極悪非道、魑魅魍魎と
思われるかもしれない発言を連発している
私の発言とチャート分析ですが、
意外と考えに考え抜いて、
根拠をもって相場に臨んでいます。
興味のある方は昨日の記事と
この記事とチャネルラインの嘘と
併せて何度も読んでみてください。
結構詳しく書いたつもりですが
まだまだご理解いただけないところが
多々あると思いますが応援よろしく
お願いいたします。
ありがとうございました。


頑張って更新していきます。
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
FX


チャートの見方を詳しく知りたい方は
ツイッターにでもDMください。



このブログの画像で使用している用語については
こちら
上下レジサポ記載していますが、
上昇トレンド中の
直近高値レジスタンスでのショートや
下降トレンド中の
直近安値サポートの値でのロングは
当たり前ですが 逆張りです。
基本はトレンドフォローです。
詳しくはこちら
また実際のトレードにMT4を使用しているわけでは
ございませんので あしからず。
および世間一般的な高値、安値とは値が違い、ダウ理論
考え方、トレンド転換の定義も世間一般的なものとは違い
個人的な求め方で算出しておりますのでご理解、ご了承のほど
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

サポート、レジスタンスは全て帯状?ダウ理論

相場観
01 /07 2017

赤線(上昇基調、下降基調)と青線の引き方の
サンプルはこちら (一部省略しています)
お申込みはこちら
1月15日をもちまして締め切りとさせていただきます。
興味がおありの方はお早めに。
次回の予定はありません。




こんばんは。
ネタを小出しにしているわけではなく
すごくいいご質問をいただきましたので
お答えできる範囲でお答えしたいと思います。
ここ数日のドル円5分足
2017-01-07 (5)
ずっとこのチャネル引いていましたが
この引き方がやはり疑問だったようです。
引き方に関してはどうしてもお伝えできない
所があります。正直、、、教えたくないです。
ここは私を信用してくれた方のみ。
これが一つ目のご質問。
私も投資を始めたばかりでチャネルライン
魅了され、教科書を読み漁っていたころは
こう引いていたかもしれません。
2017-01-07 (6)
恐らくこのように引いていたかCを最高値と
捉えていたかもしれませんね。
ごくごく自然で当たり前のように見えます。
ですが私は一貫して1枚目の画像の
チャネルを引いていたと思います。
もちろんCがAを超えていないと
断言してからですが。
で、このチャネルにフィボナッチ入れていきます。
2017-01-07 (7)
常々チャネル2倍や0,5とか言っていますが
もちろん0,618、  0,382、  1,618、、、
全部見ています。フィボナッチ、エリオット、
オカルトかもしれませんね。でも移動平均や
オシレータも結局オカルトなんですよね。
それを利用したボリンジャーもテクニカル全て
確率の高い現象を追い求めたオカルト。
また批判されそうです。
でもテクニカルに正解なんてないと思いませんか?
私はこの赤線や青線、チャネルの引き方を
誰がやっても同じチャートにするには
ローソク足1本の見方
というところに行きついただけ。
話がそれました。
2つ目の質問。
青い線は値幅があるのにチャネルには
値幅はないのですか?
痛いところついてきます、、、。
答えは、、、あります。
すごく熱心にご質問いただきましたので
このドル円5分足のみ掲載します。
2017-01-07 (8)
さっきのチャネルの各フィボナッチに
帯をつけるとこんな感じ。
ここで1,618の帯を見てください。
拡大します。
2017-01-07 (9)
ギリギリ抜けてません。
3枚目の画像では抜けているように見えますが
実は抜けていない。
さらにD-Eの1,382もこのあたりでした。
CからFに仮にチャネルを引くと
Dからの戻りをEとしたときに
いまいち感がどうしてもありました。
なのでブログには戻りがあるのではないか。
下降トレンドになっても売る気になれない。
と書きました。確かに下降トレンドなんです。
下降トレンドなのですが飛びつき売りは
しないほうがいいチャートの形だった。
ということです。Fからの反発を見て
とっさに買ってしまいましたがこれは完全に
ルール違反。もっと見極めてからでももちろん
遅くありませんでした。
ここからも重要なのですが
まだチャネル引き直せないんです。
このFからの上昇基調がCを抜けず
ある条件をみたしてFを更新した時に
引き直せるわけなのですが、ブログでは
フライング気味に引き直したりもしています。
この現状のチャネルにフィボナッチ引きます。
2017-01-07 (10)
E-Fでチャネル下限をブレイク。
F-Gで戻すも抜けれず、
Hから2度目のトライ。
ここで昨日私が
赤い四角
で囲っていたところが出てくるわけです。
上にすぐ青線もあったことから結構行ったり来たり
しましたよね。指標もあったのですが。
2度目のトライということで抜けたわけですが、
その上の0,382の帯の下限で止まっています。
ここも青線ありますね。これに青線引くと
白い帯と青線の重なるところの反応はかなり高い
です。もちろん逆張りはだめですよ。決済目安。
私のチャネルの引き方では(最後の画像)現状
このままチャネルを引き直すような値動きが出ない限り
Bの高値を取れないと上昇トレンドにはならない。
安値更新前提チャネルは
B-C-Hで引き直してください。
戻り売り目線の方はそのチャネルを参考に売り場を探す。
ということになります。
質問頂いた方に納得いただけたと思っておりますが
かなり困惑しているようです。
正直なところ教科書の読みすぎと誤ったネットの知識
を混在させているのではないかと思っております。
そんなところに大事なことは何も書いていませんよ。
正しい知識のきっかけを掴んで、あとは自分で発展
させていくしかないのではないでしょうか?
テクニカルは何でもいいです。
どんなテクニカルでも突き詰めれば必ず利益を
出せると思います。ですがそのテクニカル自体の
見方を誤っているのではないか?
移動平均、エリオット、ボリンジャー、フィボナッチ
全てローソク足1本の値動きの結果です。
それらのテクニカルから導き出された
レジスタンス、サポートを抜けるのも
ローソク足自身です。今一度ローソク足の
見方を見直してみてはいかがでしょうか?
明日は1時間足を更新したいと思います。
ご購読ありがとうございました。

頑張って更新していきます。
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
FX


チャートの見方を詳しく知りたい方は
ツイッターにでもDMください。



このブログの画像で使用している用語については
こちら
上下レジサポ記載していますが、
上昇トレンド中の
直近高値レジスタンスでのショートや
下降トレンド中の
直近安値サポートの値でのロングは
当たり前ですが 逆張りです。
基本はトレンドフォローです。
詳しくはこちら
また実際のトレードにMT4を使用しているわけでは
ございませんので あしからず。
および世間一般的な高値、安値とは値が違い、ダウ理論
考え方、トレンド転換の定義も世間一般的なものとは違い
個人的な求め方で算出しておりますのでご理解、ご了承のほど
よろしくお願いいたします。



押し目買いの罠?

相場観
01 /02 2017

赤線(上昇基調、下降基調)と青線の引き方の
サンプルはこちら (一部省略しています)
お申込みはこちら
1月15日をもちまして締め切りとさせていただきます。
興味がおありの方はお早めに。
次回の予定はありません。




あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

今年は帰省もしないので暇でございます。

さてまた為替相場は始まってまいります。

今年も頑張りましょう。

ところで相場の波に乗るという言葉をよく聞きますが

常々私もそれを意識しております。

最初ははっきりいって損大利小でした。

そこから赤線を引く戦いが始まりました。

波に乗るには今

1、上昇中の上昇なのか

2、上昇中の下降なのか

3、下降中の上昇なのか

4、下降中の下降なのか

これだけは最低でも理解しないといけませんよね。

ここから押し目買い、戻り売りを意識していかないと

いけないのですが、

無題

すでに上昇トレンド中であると仮定してください。

Aのポイントで売るのは完全な逆張りです。

詳しくはこちら

決済はともかくショートエントリーする根拠は全く持って皆無。

よほどのことがないとやってはいけませんよね。

Bで売るのは比較的安全なパターンではありますが、

少なくともCが出現、またはそれまでに手仕舞い

しなければなりません。この一旦、

上昇が終了した

下降が終了した

をなんとなく捉えてはいけません。

これだけ価格が下がったのだからさすがに押し目だろう

とか、

これだけ時間かかってるんだからさすがに押し目だろう

とか、

ここすごく重要です。ここを疎かにすると私の場合は

今後の展開に大きく影響してしまいます。

ローソク足1本にも必ず意味があります。

なぜ止まったのかはどうでもいいことです。

大事なのは止まったという事実、即ち

描いたローソク足の形です。

Bで買いが一旦終了したという事実をローソク足を

使って3波動で証明、定義していかなければいけません。

5分足なら1分足の下位の時間軸でみる

とかではありません。

必ずその時間軸のローソク足でみます。

これをもってして

一旦上昇が終了したと定義できるローソク足の形、組み合わせ、

それはもちろん高値切り下げ、安値切り下げなのですが、

こんな簡単な形でないことは前にもお伝えしました。

上昇の終わり下降の終わり上昇の終わり

これをただただ単純に繰り返すだけ。

そこに価格という高低と時間という幅が

組み込まれて相場の変動が生まれるわけです。

ここまで分かれば相場で生き残るために必要なことを

半分達成したようなものです。

だって今

上がってるのか

下がってるのか

がわかるわけですよね?

これでもう負け知らず、、、。

といきたいのですが私が一番損失を

出したのはもみ合いなんです。

図のように単純に上に下に動いてくれると

楽なのですが、楽な動きの後には必ず

動きに乏しい時間帯がやってきます。

これはより上げるために、または下げ始めるための

準備期間です。横軸、時間の調整であり

トレンド転換した時の

チャネル幅の決定

の期間です。このもみ合い相場で頻繁に手を出すと

大きなブレイクで得た利益を飛ばすことも

十分に起こりえます、、、。

さらに時間がかかったわりに利が少なかったり、

ロスカットになったり、ストレスも溜まります。なので

上昇トレンド中は押し目買い

下降トレンド中は戻り売り

なんですよね。いかに早く

上昇中の下降期間なのかを把握できれば

損失を大きく抑えることができます。

ここでさらにもう1歩踏み込みます

上昇中の下降期間中の上昇

図でいうとG-H

エリオット波動でいうとB波

ここをつかむことの重要性です。

ここに騙されないことです。

この後に上昇中の下降期間の最後の波動が

出るわけですがこれがきつくえぐい。

あっという間に利を飛ばしたり、心理的破壊

をもたらします。

ものすごい売りが出た。これはもっと下がるぞ。

ドテンだぁー、、、。再上昇、、、。

でやられます。やられてました。

恐らくこのパターンが最も損失をだします。

図でいうとGをブレイクした後のことですね。

このHからの波動にGをブレイクした後、ある程度の

値幅があれば問題ないのですが、

問題はほんの少しだけ割ったときです。

この後に

上昇中の下降期間が終了してからの再上昇

が始まるわけです。これもきつくえぐい。

もう往復でやられるパターンです。

完全に精神崩壊しています。

ここで一度落ち着く力も必要なのですが

まずは今波動がどの位置に属しているのかを

把握したほうが損失も抑えられます。

頭で落ち着けと思っていても

心理状態が不安定だと上手くいきません。

結論はGからの上昇がFからの下降を

否定する力です。これを価格と時間との両面から

見ることが大事です。どちらか一つクリアしても

ダメです。両方クリアしないといけません。

両方クリアしてFの下降の終了を確認。上昇トレンド

が継続するなら直近高値を更新してくる可能性が高いと

判断するわけです。ここで多少乗り遅れることもあると

思いますが損失ではありません。いたって賢明です。

ギャンブルをしていないことの証明です。

押し目買いも大事なのですが

BやDからの下降Fからの下降は価格と時間の両面で

明らかに違います。ここでAからFまでの上昇終了を

予測して、そのあとのGがFを凌駕したのかどうか

そこを見極める。Gをただただ押し目買いの延長で

エントリーしていると利益が伸びません。

あえて教科書みたいな図を書きましたが

この図だけを鵜呑みにしていると

このパターンでやられるのがほとんどです。

本当に大事な事って教科書にはあまり書いて

ないんですよね。入り口にちょっと触れて

後はお好きにどうぞ、、。5000円前後の本で

利益が出るなら何十冊でも買いますよ、私も。

上昇トレンド中はいつでもどこでも押し目買い、、、

というわけでもない。

という個人的な見解でした。

このあたりを頭に入れておくだけでも

大きく損失を減らせるのではないかと思います。

利益がいまいち伸びない、±トントン、の方は

ここを意識してみてください。

ご購読ありがとうございました。

頑張って更新していきます。
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
FX


チャートの見方を詳しく知りたい方は
ツイッターにでもDMください。



このブログの画像で使用している用語については
こちら
上下レジサポ記載していますが、
上昇トレンド中の
直近高値レジスタンスでのショートや
下降トレンド中の
直近安値サポートの値でのロングは
当たり前ですが 逆張りです。
基本はトレンドフォローです。
詳しくはこちら
また実際のトレードにMT4を使用しているわけでは
ございませんので あしからず。
および世間一般的な高値、安値とは値が違い、ダウ理論の
考え方、トレンド転換の定義も世間一般的なものとは違い
個人的な求め方で算出しておりますのでご理解、ご了承のほど
よろしくお願いいたします。

真・トレンド転換

相場観
12 /28 2016

赤線(上昇基調、下降基調)と青線の引き方の
サンプルはこちら (一部省略しています)
お申込みはこちら
1月15日をもちまして締め切りとさせていただきます。
興味がおありの方はお早めに。
次回の予定はありません。




続に続き真です。

前回の続トレンド転換に続き真トレンド転換です。

もうこれでトレンド転換については最後です。

おそらく、、、。

まずはこちら。

これはトレンド転換していませんね。

(全てのチャネルはもちろん上昇前提ではありません。)

それについてはこちら

無題1

次にこちら

無題2

これトレンド転換しています。

え?あんた3波動でトレンド転換するって

言ったじゃん?何言ってんの?

はい、言いました。確かに言いましたが直近の

安値を明確に抜けないといけない訳ではないと。

屁理屈ですね。本当はあまり言いたくなかったところなんですよね。

少し混乱している方もいらっしゃるようなので

ここではっきりさせておきましょう。

その時はチャネルのことまで喋るつもりがなかったので。

それは置いといてつぎはこちら。

無題3

これはトレンド転換していません。

B-Cがちょっと深くなりましたね。

さてこの違い分かりますか?

感の言い方や既にご存知の方には

説明は不要だと思いますが、

答えは

D-EでBを抜けているかどうか


です。D-E-F-Gの3波動でCを割らないと

転換しません。D-EがBを割っていなければ

EをGが抜ければ転換します。これは直近安値を

割らなくてもいいパターン。いろいろ考えてみてください。

教科書に書いてあるようなトレンド転換などなんの役にも

たちません。そのパターンに合えば

トレンド転換するかもしれません。

でもそんな単純じゃありません。

上手に誰か操作しているんじゃないかと思うこともあります。

ここ引っかけてきてるなぁー、とか

ここで投げさせて買ってるんだろうなぁ、とか。

教科書に書いてあることは間違いでは

ありません。ただ何通りもあるうちの1つです。

トレンド転換のページなんか縦の動きしか書いてないでしょ?

そんなに相場は転換しない。そこを転換と捉えるともちろん

その後もぜーんぶ狂ってくるんです。

まずは高値安値。これは何度も言ってますが

どこから買われたかを求めるためにどこまで売られたか

どこから売られたかを求めるためにどこまで買われたか

その点と点を結べばチャネルができます。

続トレンド転換でも述べたようにある下落のチャネル上限を

越えて推移するような下落ではもちろん転換しません。

全部わかっているようなことを書いていますが、

私もロスカットを1回もしない週は100%ありません。

かならずします。ですが1つのある定義とその根拠を作って

突き詰めていけば必ず自分なりの手法が見つかると思います。

そこからより可能性を高いものをピックアップしていけば

この上昇は何かおかしい。とか

なんか変なんだよねぁー。など怪しいと感じる力が

ついてきます。でなぜそれは怪しいと思ったのか?

私の場合はチャネルの幅や角度などですが、

今度はそれを突き詰めて、

こういう場合はポジションを持たない。

といった自分なりのルールを確立していくことです。

教科書通りの転換でそのたびに

ドテンしているようなトレードでは絶対に退場します。

まずは疑ってかかって自分が納得できることを詰めることから

始めるといいのではないでしょうか?

各々にあうテクニカル、合わないテクニカルって

あると思うんですよね。なんとなくこれが好きだ、

最初はそんな感じでいいんですよね。でも他の物を

なんでもかんでもごちゃ混ぜにしない。混ぜれば

混ぜるほどルールが増えて身動き取れなくなります。

せめて2,3個にとどめておかないとちゃんとした根拠と

定義ができなってきます。私なんかローソク足だけですよ。

なんと画面の寂しい事か。長くなりましたのでこのあたりで。

結局なんのはなしでしたっけ?

あぁ、トレンド転換ね。結論は下降3波動の1波動目が

どこまで伸びたかです。D-EがCを抜けてたら?

C-DにAを超えない波動がもう1波動あったら?

悩みは尽きないと思います。悩んで悩んで答えは見つかります。

どんな手法やロジックを使っても結局判断を下すのは自分です。

ここがこうなったから、ここがこうだから1つ1つ明確に定義しましょう。

そして怪しむ力をつけましょう。それだけで損失はかなり抑えられます。

まずは損をしない。プラスマイナス0。十分じゃないですか。

一生相場に身を置けますよ。そこから少しづつ上手になっていくんです。

一緒に頑張りましょう。このブログを通じて㊙以外はドンドン

小出しにしていきます、、、。

どの教科書にも書いてないようなことなので

お許しください。

ご質問がございましたらお気軽に。

あぁ、ポン円リカクしそこなった。

頑張って更新していきます。
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
FX


チャートの見方を詳しく知りたい方は
ツイッターにでもDMください。



このブログの画像で使用している用語については
こちら
上下レジサポ記載していますが、
上昇トレンド中の
直近高値レジスタンスでのショートや
下降トレンド中の
直近安値サポートの値でのロングは
当たり前ですが 逆張りです。
基本はトレンドフォローです。
詳しくはこちら
また実際のトレードにMT4を使用しているわけでは
ございませんので あしからず。
および世間一般的な高値、安値とは値が違い、ダウ理論の
考え方、トレンド転換の定義も世間一般的なものとは違い
個人的な求め方で算出しておりますので
ご理解いただきますよう お願いいたします。

投資家心理とチャネル

相場観
12 /26 2016

赤線(上昇基調、下降基調)と青線の引き方の
サンプルはこちら (一部省略しています)
お申込みはこちら
1月15日をもちまして締め切りとさせていただきます。
興味がおありの方はお早めに。
次回の予定はありません。




こんばんは。
今日も偉そうなタイトルですが当たり前のことを
書きますので読もうと思っている人は
がっかりしないでください。

2016-12-26 (5)

ユーロ円9月の1時間足です。
今日のポン円日足と同じようなチャート。
A-Bの上昇に対してB-Iのもみ合い。
Cの安値をEが少しだけ更新。そのあとに大きな戻り。
この少しだけがポイントですよね。
また例のごとく普通ではありえないチャネル引きます。
E-Fでここを抜けた後の押しに反応。
ポン円日足とは違いチャネル2倍をこえ2,618まで。
(ここはマニアックなのでスルーで。)
F-GでC-D-Eのチャネル上限に入ってくるときに反発。
そのあとこのチャネル下限で反発。ここがG。
このチャネルの半値の延長線上と
A-Gのチャネル下限が反応。ここがI。
なんと美しいわかりやすい反応。そしてこの時の
心理状況。
買ったはいいがBを更新してくれるのだろうか。
売ったはいいがAを更新してくれるのだろうか。
こんなことが数回やりとりされています。
さっさとAを更新してほしい人と
さっさとBを更新してほしい人の期待が幾度となく
裏切られています。俗にいうもみ合いですが
こういうときってほとんどの人が恐怖に駆られて
うっとうしくて、わからなくなったという理由から
それまでのポジションをフラットにしているんですよね。
つまりそれだけどちらかに触れたときに新規にポジションを
とりたいと思っている人がいるということ。
これだけ揉めば当然チャネルの幅が広がる。
引いていませんが上から降ってくる下降チャネル上限も
ゆうに抜けています。これが先日のユーロドル5分足の
記事と大きく違うところ。これはB更新で買ってもいいパターン。
A-B-Gチャネル下限でIが反応していることでそれを
察知することも可能。Iから赤線が出れば買ってA-B-G
チャネルを割れば切ればいいだけ。しかも斜めに上がって
来てくれているのでカットラインは勝手に切りあがって
きてくれている。買うという判断ができないこともないですよね。
青い線も引いていますが本質はこのチャネル。
チャネルと青い線が重なればより抵抗が大きい。
でここを抜けた割には現状伸びが悪い。
もしここから121,71を明確に抜ければ下降基調になる
訳ですがそのまま転換することなく120,96を割って
再び上昇するようなことがあればかなりの伸びがあるのかな
というロンガーより目線の解釈です。
1時間足は上記の2つの値段に注目しています。
以上ここまでの上昇の解釈と心理状況についてのお話でした。

頑張って更新していきます。
にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
FX


チャートの見方を詳しく知りたい方は
ツイッターにでもDMください。



このブログの画像で使用している用語については
こちら
上下レジサポ記載していますが、
上昇トレンド中の
直近高値レジスタンスでのショートや
下降トレンド中の
直近安値サポートの値でのロングは
当たり前ですが 逆張りです。
基本はトレンドフォローです。
詳しくはこちら
また実際のトレードにMT4を使用しているわけでは
ございませんので あしからず。
および世間一般的な高値、安値とは値が違うと思いますが、
個人的な求め方で算出しておりますので
ご理解いただきますよう お願いいたします。




kaori1.DJI

直近高値、直近安値を明確に定義していき、トレンドフォロー、チャネルライン、フィボナッチ、エリオット波動理論で相場を分析。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。